FREEWAY競馬投資法 実践マニュアル Ver.2.20



FREEWAY競馬投資法 実践マニュアル Ver.2.20



FREEWAY競馬投資法の特徴は、

マウスのクリックで「2種類の印」をつけるだけというシンプルさ

にあります。

レースの分析から投票までにかかる時間は、わずか2分足らず。

小学校レベルの簡単な計算とクリックの操作さえできれば、この投資は可能です。

競馬についての知識がまったく不要というのも、この投資法の大きな特徴と言えるでしょう。

一般的な予想競馬とはまったく違う戦略を採用しているため、むしろ競馬を知っている人の方が最初は戸惑う可能性すらあります。

この「○」と「◎」の2種類の印にしても、競馬新聞の予想欄に書かれているそれとは、まったく違った役割を持たせているのです。

これまでの競馬の常識は、ここで一度すべて忘れていただく必要があります。


FREEWAY競馬投資の特徴、その2。

それは、

余計な情報には目もくれず、ひたすら「オッズ」だけで判断する

ということです。

普通の競馬だと、血統、騎手、脚質、調教、馬体重、前走タイムなどなど、いろんな要素を見ながら賭けると思うのですが、私たちはシンプルにレース直前のオッズだけを見て分析しています。

なぜなら、、、

馬の人気度を数字で表すオッズは「投票者全体の総意」であり、第三者の偏った予想よりもずっと信頼できるデータである。

それが、私たちFREEWAYの考え方だからです(競馬無双には、このオッズなどのデータを「視覚化」する独自の機能がついています)。

全体の総意であるオッズを、

FREEWAY独自のある特殊な方法

で分析し、自分たちの手法にマッチする傾向を読み解き、チャンスが来たときだけ投票する。

私たちがやっている作業は、本当にそれだけなのです。

パソコンの画面に表示される数字を見るだけなので、競馬に関する知識はもちろん不要。

どのレースに投資すべきかは、すべてオッズが教えてくれます。


>>>FREEWAY競馬投資法 実践マニュアル Ver.2.20


FREEWAY競馬投資法は、オンライン馬券投票ソフト「競馬無双」を利用する競馬ノウハウです。

実践するには、インターネットに接続されたパソコンと入出金に利用するオンライン口座、競馬無双のインストールなどの作業が必要となります。

この実践マニュアルVer.2.20では、まったくの競馬初心者でも安心して取り組めるよう、実際に投資をはじめるまでのチュートリアルビデオを用意しました。

このチュートリアルをステップ・バイ・ステップでこなすことで、パソコンを投資に最適な状態へセットアップすることができます。

手順通りにセットアップを済ませて、まずはシミュレーションからスタートしましょう。




456法は、FREEWAY競馬投資法の中でも基礎中の基礎となるノウハウ。

とは言え、ただの基礎だと侮ってはいけません。

この456法を完璧にマスターするだけで利確は手に入れたも同然と言ってよいほど、抜群の安定感を誇る手法です。

毎回のレースで必ず出現するわけではありませんが、的中率に関しては折紙つき。

この456法を極めることで、当然のように毎週稼いでいるメンバーもいます。

手堅く資産を増やしていきたい人ならまずマスターするべき、FREEWAY競馬投資法の代表的ノウハウと言えるでしょう。




456法の発展・応用形であるこの2頭軸法は、頻繁に出現する「上位2頭が突出したパターン」のレースで的中を狙っていく手法です。

456法と併用することで、午前中の固いレースを仕留められる確率が劇的にアップします。

上位人気で決着しそうだけど、456法では範疇に届かない…これまでは見送るしかなかったそんなレースを、この2頭軸法を使って獲りにいくことができます。

確実にマスターして、午前中の勝ち逃げを実現してください。




○印と◎印をつけたあと、買い目をどうやってカットしたらいいのか…?

いつもそこで悩むというあなたは、このA2B1法に注目です。

過去の膨大なデータから的中ゾーンを逆算し、もっとも合理的にカットのやり方を突き詰めた結果、このノウハウは完成しました。

分析から印のつけ方、そして買い目のカットに至るまで、完璧に投資ルールが決まっています。

ややこしく考える必要は、まったくありません。

あなたはルール通り、とにかく「A2B1と呼ばれる特定のゾーン」を残すように買い目をカットすればよいのです。




A2B1のゾーンを残して買い目をカットするというノウハウは、この「トリプルスリー」というアイデアから生まれました。

○印と◎印をつけて買い目を導くというFREEWAYの特徴をよくよく考えてみると、このように買い目を絞り込むのがもっとも合理的だということに気がついたわけです。

固い方からカットするのか、荒れる方からカットするのか…?

削ったところに的中が入りはしないだろうか…?

そんな不安を一気に解消する、過去データからの逆算によって導き出されたロジカルな買い目の絞り込み手順をお教えしましょう。



投資家とギャンブラーの決定的な違い。

それは、計画的に資金をコントロールできるかどうかです。

大切な資金を無駄にすることなく効率的に増やしていくためには、資金管理についての「そもそも論」を見直す必要があります。

このパートでは、投資額を低く抑えるポイントや利益目標の具体的な算出方法、破綻のリスクを回避するための資金コントロール法など、賢くお金を管理するノウハウを公開しています。

ここを無視してテクニックばかりを追い求めていては、いつまで経ってもギャンブラーからは卒業することは不可能でしょう。




投資に精神的なプレッシャーを感じる。

であれば、ここのパートは必見でしょう。

失敗のトラウマを引きずって投資できなくなったり、負けを取り戻そうとして余計にひどく火傷したりといった最悪の事態を防ぐために、FREEWAYでは「投資マインド7箇条」というものを定めています。

投資は、ギャンブルでも遊びでもありません。

勝ちをつかむためには、イレギュラーに動じない心の鍛錬が必要となります。

テクニック論だけでは説明できない、しかし投資家なら身につけておくべき「心の壁を乗り越える7つのルール」。

これを肝に銘じ、腰を据えて投資できる人だけが勝ち組になれるのです。



>>>FREEWAY競馬投資法 実践マニュアル Ver.2.20


利益を出すまでの具体的なスケジュールについて、あなたは真剣に考えたことがあるでしょうか?

何のプランもない投資やシミュレーションを繰り返すのは、納期の決まっていない仕事のようなもの。

緊張感に欠ける上に100%無駄も増え、質も悪くなってしまいます。

そこで今回、あなたの成功を力強くバックアップする「成功までの5フェーズ」という具体的なタイムスケジュールを考えてみました。

早すぎず、遠すぎず、着実に成功へと近づいていくプランを用意しましたので、1段階ずつフェーズをクリアして投資の実力を高めていってください。




「買い目1点の差で的中を逃す」という悔しい思いをした経験はありませんか?

買い目を1点残すか、それとも削るか。

その最後の繊細な判断が、的中・不的中の運命を分かつことはよくあります。

基本がマスターできれば、そういう悔しいパターンはできるだけ回避し、もっと勝率をアップさせたくなるのが人情というもの。

ですが、ルールを完全に無視したやり方で結果が出せるほど、競馬投資は甘いものではありません。

勝負を瀬戸際で左右するのは、基本のノウハウを踏まえた上で、そこにいかなる「アレンジ」をプラスするかなのです。

過去のあらゆるパターンを検証してきた結果、基本形にちょっとしたアレンジを加えることで、より状況に応じた投資が可能になることが分かってきました。

このパートでは、

・456ワンカット
・456プラス
・456みなし
・A2B1ハーフシフト
・A2B1ワンカット

以上、5つの変則パターンについて解説しています。

FREEWAY投資倶楽部の常勝メンバーが知恵を出し合い、実践の場で検証・洗練させてきた「初心者から中級者へのステップアップ」を実現するアレンジ法。

基本形のデメリットを補い、買い目1点で左右されるギリギリで繊細な勝負を制するアイデアをお教えしましょう。



手書きの生データを重要視し、これだけ長い期間欠かさずに記録し続けている競馬投資家は、おそらく日本にはいないでしょう。

検証シートは、それだけ投資を有利に進めるための重要なファクターだということです。

その日の投資結果を一覧にし、流れを感じ取ること。

簡単に振り返られるように、そのときの状況をさっとメモしておくこと。

地味な作業によって生まれる「大きなご褒美」の快感は、実践者だけしか味わうことができません。

検証シートの書き方を学んでいただく素材として、実際に私が投資中に書き込んだシートをスキャンして公開することにしました。

データというのは、数が増えれば増えるほどに信ぴょう性が増していくものです。

書き込んだシートの厚みは、あなたの中に積み上がっている投資の実力、そして自信の強さと同等だと考えてください。




競馬投資において、100%勝てる方法は存在しません。

では、なぜそれでも我々は勝ち続けているのか?

それは、他でもない「一貫した判断基準」を持っているからです。

勝ち負けを繰り返しながら、しかし最後は必ず勝って終わる。

検証と実践によって培われた確かな自信、それに裏打ちされたブレない思考こそが常勝を実現する鍵となります。

毎月開催しているリアルタイム投資セミナーでは、メンバーの目が光る中、私はできる限りこのマニュアルに沿った方法で投資をしています。

ただ、締め切りまでの時間が短く、1つ1つの判断ポイントはどうしても早足での説明になってしまうのが実情でした。

このパートでは、投資対象レースを見つけたその瞬間、私が何を感じ、どう判断したのかという「鈴木の思考」をそっくりそのまま再現し、解説しています。

扱うのは生の投資結果ですから、的中もあれば不的中も当然あります。

都合の悪い部分は見せないのが普通なのでしょうが、ここはあえて不的中のパターンも入れることにしました。

的中しなかったときのリスクコントロールが、最終的な利益につながっていく。

ぜひ、そこを学んでください。

「一時的に儲ける」ことよりも「トータルで損をしない」ことを優先させる。

それがFREEWAYの思考であり、また継続的に稼ぎ続けるための戦略なのです。




トライアングルとビーナスラインは、競馬無双のグラフが「ある特徴を持った形」を示したときに発動する中級者向けの投資ロジックです。

基本形よりも数多くの頭数をカバーできる上に期待率もぐんと高く設定できるので、追い上げ(マーチンゲール)によるリスクの軽減が可能となります。

○印と◎印のつけ方についても、たった1つの基準点を見るだけですぐに判断できるので、迷うことがありません。

一切の「あいまいさ」がなく、ルール通りにすべてを判断できる。

この安心感と安定感を、ぜひあなたの目で確かめてみてください。


>>>FREEWAY競馬投資法 実践マニュアル Ver.2.20


固いレースを的中させて、勝ち逃げる。

それが、FREEWAY本来のコンセプトです。

なので、高額な配当金か゛予測される荒れたレースで大きなリターンを狙っていくこの上級者向けの手法は、ある意味で「例外的なノウハウ」と言えるでしょう。

ハリケーンを使うためには、以下の2つの条件をクリアしなければなりません。

1:基本形・アレンジ形を含むすべての手法をマスターしていること
2:それまでに最低1回は的中しており、すでに利益が出ていること

つまり、ハリケーンは「すでに確保した利益をさらに増やす(的中しなくても利益を残す)ための手法」だということです。

そして、もう1つの大きな特徴。

それは、

追い上げではなく「1点100円の均等買い」で狙う

ということです。

ハリケーンで狙うのは300倍から500倍ほどのオッズなので、1点100円の均等買いでも、当たれば2万円から4万円の利益…つまり「複数回」勝ったのと同じぐらいの威力があります。

追い上げをしない均等買いだから、資金が過剰に膨らまない。

すでに出た利益の中で楽しむことができる、ミドルリスク・ハイリターンの投資だということです。

あくまで上級者向け…ではありますが、高額のリターンが期待できるこの新手法。



>>>FREEWAY競馬投資法 実践マニュアル Ver.2.20





[PR]
by kn1949 | 2017-06-10 23:56 | 競馬